HOME | 通信制高校のメリット

通信制高校のメリット

最高の価値になるかもしれない

 全日制高校では学年制が主流ですが、通信制高校の多くは単位制です。
これはひとつの科目ごとにレポートの提出・テストなどで単位を習得するもので、もしその年にとれない単位があっても、進級して翌年に再び履修することができます。
つまり、単位制では学年にかかわらず、3年以上在籍して必要な単位を取得すれば卒業できるということです。
 
通信制高校は全日制にはないメリットがたくさん!
もしかしたら、通信制の良さがあなたにピッタリかもしれません。
秋葉P&Tキャンパスが通信制高校をおススメしたいメリットをご紹介します!

秋葉P&Tキャンパスでは4校の中からあなたにあった高校を一緒に考えます。

  

一人一人がみんな違う

全日制の学校ではどうしても同じ時間に同じ事をしなければいけません。

しかし、それは実はとても大変なことです。人それぞれに得手不得手があり、学ぶために必要なやる気や心構えがない状態で一律に学ぶことは集中力や理解力に差が出てしまいます。

又、人はそれぞれの学びのペースが違います。もう少し時間をかけて学べばちゃんと理解出来るものでも他の生徒と同じ時間で理解しきれないことで自信がなくなり更なる勉強に対する意欲がなくなってしまいます。

しかし、通信制ならば自分のペースで学べるので、やるぞ、という気持ちでスタートし自分の理解できる時間で進める事が出来ます。

即ち、自分のペースで学べるということは勉強に対する姿勢や理解度が高まるといったメリットがあるのです。

生きる力となる

全日制の学校では学校側が作った時間割に従って勉強や活動をしています。

しかし、通信制となるとすべて自分で決めて自分でやらなければいけませんアルバイトやボランティアをしながら勉強をしている生徒もたくさんいます。

そういった活動をしていないにしても自己管理をするというのは思っている以上に大変です。レポートの締め切りを守れなければ単位取得はできませんのでいつまでに、これを終わらせるといった行為をしなければなりません。

それは、大変な事ではありますがそういった経験の積み重ねが自然と自己管理能力の高まりとなり大人になったときに仕事や自立した生活をするうえで役に立ちます。

時間を描こう

最近、学校が苦手な子が増えています。少子化にもかかわらず不登校の児童生徒が増加していることをもっても明らかです。

不登校の生徒を子供のわがままだからという見方をする事は危険す。なぜなら、学校という環境ではないところでは生き生きと学び、通学もできる子供が多く存在するからです。

昨今は特性として

とても敏感体質で同じ部屋に多くの人間と長時間居るだけで疲労困憊して勉強どころではない子供、

同じ時間に同じことをやることがとても苦手な子供、

能力のアンバランスがあり、得意な事と不得意な事の差があまりにも激しい子も

学校で行った一律の動きや、環境がストレスとなって意欲が減退し集中力、理解力の低下で勉強も苦手となりついには学校にいけなくなるようです。

実はそういったタイプの人は自分のペースが守られ、少人数の落ち着いた環境であればちゃんと勉強もできるのです。ですから通信制の学校は年に数回の授業であとは自分に合った環境で学ぶことができるメリットがあります。

今はもう、始まっている

通信制高校は学校に毎日通わなくていいので平日の時間を好きなように使えます

勉強をする時間とスクーリング及び特別活動の時間さえ確保したら後は義務教育も終わった高校生はバイトで働くもよし、ボランティア活動で色々な体験するもよし、旅行や趣味を楽しむことも出来ます。

又自分の将来の夢や仕事に必要な技術習得の時間にもなりますし、10代でプロスポーツ、芸術、芸能等の仕事に就きながら高校資格を取りたい人にもうってつけです。

 
 

一人一人がみんな違う

全日制の学校ではどうしても同じ時間に同じ事をしなければいけません。

しかし、それは実はとても大変なことです。人それぞれに得手不得手があり、学ぶために必要なやる気や心構えがない状態で一律に学ぶことは集中力や理解力に差が出てしまいます。

又、人はそれぞれの学びのペースが違います。もう少し時間をかけて学べばちゃんと理解出来るものでも他の生徒と同じ時間で理解しきれないことで自信がなくなり更なる勉強に対する意欲がなくなってしまいます。

しかし、通信制ならば自分のペースで学べるので、やるぞ、という気持ちでスタートし自分の理解できる時間で進める事が出来ます。

即ち、自分のペースで学べるということは勉強に対する姿勢や理解度が高まるといったメリットがあるのです。

 

生きる力となる

全日制の学校では学校側が作った時間割に従って勉強や活動をしています。

しかし、通信制となるとすべて自分で決めて自分でやらなければいけませんアルバイトやボランティアをしながら勉強をしている生徒もたくさんいます。

そういった活動をしていないにしても自己管理をするというのは思っている以上に大変です。レポートの締め切りを守れなければ単位取得はできませんのでいつまでに、これを終わらせるといった行為をしなければなりません。

それは、大変な事ではありますがそういった経験の積み重ねが自然と自己管理能力の高まりとなり大人になったときに仕事や自立した生活をするうえで役に立ちます。

 

時間を描こう

最近、学校が苦手な子が増えています。少子化にもかかわらず不登校の児童生徒が増加していることをもっても明らかです。

不登校の生徒を子供のわがままだからという見方をする事は危険す。なぜなら、学校という環境ではないところでは生き生きと学び、通学もできる子供が多く存在するからです。

昨今は特性として

とても敏感体質で同じ部屋に多くの人間と長時間居るだけで疲労困憊して勉強どころではない子供、

同じ時間に同じことをやることがとても苦手な子供、

能力のアンバランスがあり、得意な事と不得意な事の差があまりにも激しい子も

学校で行った一律の動きや、環境がストレスとなって意欲が減退し集中力、理解力の低下で勉強も苦手となりついには学校にいけなくなるようです。

実はそういったタイプの人は自分のペースが守られ、少人数の落ち着いた環境であればちゃんと勉強もできるのです。ですから通信制の学校は年に数回の授業であとは自分に合った環境で学ぶことができるメリットがあります。

 

今はもう、始まっている

通信制高校は学校に毎日通わなくていいので平日の時間を好きなように使えます

勉強をする時間とスクーリング及び特別活動の時間さえ確保したら後は義務教育も終わった高校生はバイトで働くもよし、ボランティア活動で色々な体験するもよし、旅行や趣味を楽しむことも出来ます。

又自分の将来の夢や仕事に必要な技術習得の時間にもなりますし、10代でプロスポーツ、芸術、芸能等の仕事に就きながら高校資格を取りたい人にもうってつけです。


\キャンパス紹介動画 /